合併症とその対策

脊髄損傷は身体の麻痺以外に、合併症を引き起こす身体的なリスクを生じます。その中でも「二大合併症」とされているのが褥創(じょくそう)と尿路感染症です

褥瘡は、一般的には「床ずれ」と称され、体重で圧迫されている部分の血流が悪くなったり滞って、皮膚が赤くなったり、最終的に脂肪部まで抉られるように皮膚が壊死することです。長時間同じ体制で横たわったり座っていたりすると、血流が悪くなりしびれるので通常は寝返りなどで体形を変えるものですが、脊髄損傷によって感覚が失われているとそれに気づかないためにこの褥瘡になってしまいます。

これを予防するには、周期的に身体を持ち上げる(プッシュアップ)ことや、絶えず姿勢を変える(自分の力でそれが不可能である場合は補助が必要となる)といったことが必要になります

尿路感染症は、尿の通る経路である尿路に有害な細菌が侵入し、様々な障害が引き起こされる感染症です。脊髄損傷の場合、多くの脊髄損傷の患者は自力で排尿をすることができないため、カテーテルなどという医療器具を使って排尿を行いますが、その際カテーテルを通して細菌が侵入するのが原因になります。

感染個所によって、「上部尿路感染症」と「下部尿路感染症」の2種類に分類されます。「上部」では主に発熱が、「下部」では膀胱炎や尿道炎が発症します。予防としては、器具や手指の清潔・殺菌を徹底する必要があります。

いずれの合併症でも、早期発見と専門医による指導・処理を受けるべきです。

Pocket