交通事故後の対処

交通事故の被害を受け、神経学的診断や画像検査(X線など)といった検査の上、脊髄損傷と診断されてしまった場合その後はどう行動すればよいのでしょうか。

脊髄損傷を患ってしまったら、損傷部位や損傷の程度によって症状は変わりますが、少なくとも文字が書けない、歩くのに杖や歩行具が必要になるといったことから、車いすを用いる必要があったり、人工呼吸器でないと呼吸ができないなど、生活や労働が困難になるような状態になることは間違いありません。家族の介護が必要になる場合がありますし、少なくとも健康な頃の生活は戻ってくることはありません。

完全な脊髄損傷の治療は難しいですが、それでも社会復帰のためにリハビリはもちろん必要になります。また、治療には膨大な治療費がかかります。交通事故による脊髄損傷の場合では、自動車損害賠償責任保険(以下、自賠責)によって損害賠償金が出ますが、治療にかかる金額が自賠責の損害賠償金の限度額より高くなることもあります。

そして、自賠責による補償金は適切な方法を取れなければ保険による損害賠償金が本来得られる金額より少なくなる場合があります。また、脊髄損傷から引き起こされる合併症にも気を付ける必要があり、予防と適切な対処が必要になります

当サイトでは、リハビリの内容、合併症についてとその対策、補償金の基準となる損傷の程度を表す等級について、そして正しい損害賠償金を受け取るための適切な方法について紹介します。

Pocket